街と暮らしを考える。一誠商事株式会社

VOL.30 グリーン住宅ポイント

グリーン住宅ポイント制度とは?

「グリーン住宅ポイント制度」をご存知でしょうか?

この制度は感染症の影響で落ち込んだ経済の回復を図るため2020年12月15日から始まった省エネ性能などの条件に合った住宅の取得やリフォームに対してポイントが発行される制度です。

対象となるのは2020年12月15日から2021年10月31日までの「住宅取得」と「リフォーム」。発行されたポイントはさまざまな商品に交換したり追加工事に充当することができる大変お得な制度です。

現在テレワークが強く推進されていますが、ワークスペースの増設、また菌・ウイルス拡散防止に対応する設備など、『新たな日常』『防災』に対応した商品や追加工事が交換が可能になっています。

また発行されるポイントは条件によって異なり、特例に該当する場合にはポイント数が加算されたり、上限が引き上げられる仕組みになっています。

今回はこの制度について見ていきたいと思います。

グリーン住宅ポイントはどうすればもらえるの?

「グリーン住宅ポイント」は条件によって得られるポイントが異なり、ポイント数はそれぞれ下記の通りです。

新築住宅の取得

  • 一戸あたり基本の場合最大40万ポイント
  • 特例(※)の要件を満たせば最大100万ポイント
    ※特例には下記のいずれかに該当すること
    ○ 東京都から移住するための住宅
    ○ 三世代同居仕様である住宅
    ○ 多子世帯(子供3人以上世帯)が取得する住宅
    ○ 災害リスクが高い区域から移住するための住宅

リフォーム

  • 一戸あたり最大30万ポイント
  • 若者・子育て世帯(※)が既存住宅を購入しリフォームを行う場合は一戸あたり最大60万ポイント
    ※若者世帯とは、2020年12月15日時点で、申請者が40歳未満の世帯、子育て世帯とは、2020年12月15日時点で18歳未満の子を有する世帯、またはポイント発行申請時点で18歳未満の子を有する世帯

既存住宅の購入

  • 一戸あたり最大30万ポイント。ただし下記の条件を満たす必要がある
    ○ 空き家バンク登録住宅
    ○ 東京圏から移住※1するための住宅
    ○ 災害リスクが高い区域※4から移住するための住宅
  • 住宅の除却を伴う場合15万ポイントが加算され最大45万ポイント
  • 「既存住宅購入加算」があり、自ら居住することを目的に既存住宅を購入し、売買契約締結から3ヶ月以内にリフォーム工事の請負契約を締結する場合に「リフォーム」で得られるポイントと同数のポイントが更に加算

賃貸住宅の新築

  • 一戸あたり10万ポイント✕総戸数

グリーン住宅ポイントの利用方法は?

グリーン住宅ポイントは「一定の要件に適合する商品」「一定の要件に適合する追加工事」に交換が可能です。2019年〜2020年にありました類似の「次世代住宅ポイント」と異なるのは「工事費用」への充当も一部可能になった点です。

ただし工事費への充当には「新たな日常」に資するなどの追加工事のみ可能、という条件があり、それ以外のリフォーム工事には充当できないので、ご注意ください。

交換対象商品

  • 「新たな日常」に資する商品
  • 防災関連商品
  • 省エネ・環境配慮に優れた商品
  • 健康関連商品
  • 子育て関連商品
  • 家事負担軽減に資する商品
  • 地域振興に資する商品

交換対象商品については以下をご覧ください。
交換商品検索―グリーン住宅ポイント事務局

交換可能な追加工事

  • 「新たな日常」に資する追加工事
    ○ ワークスペース設置工事
    ○ 音環境向上工事
    ○ 空気環境向上工事
    ○ 菌・ウイルス拡散防止工事
    ○ 家事負担軽減に資する工事
  • 防災に資する追加工事

追加工事の事例など、詳細については以下をご確認ください。
追加工事交換について-グリーン住宅ポイント事務局

グリーン住宅ポイントはどうやって申請するの?

手続きの基本的な流れは、工事完了後にポイント発行申請をし、ポイント交付後にポイント交換申請をします。契約前に交付申請し、交付決定通知が出てから着工などの面倒な手順はなく、手続きは分かりやすいものとなっています。

また「1,000 万円(税込)以上のリフォーム工事」であれば、工事完了前であっても必要な書類が整い次第、ポイント発行申請を行うことができます。

ただしその場合、工事完了後に完了報告の提出が必要となります。
完了報告書類が提出されない場合には取得したポイント相当分の返還が必要になりますので注意しましょう。

申請の締切はあるの?

ポイントを受け取るためには、以下のスケジュールを守って契約、申請等を行なう必要があります。

工事請負契約 2020年12月15日〜2021年10月31日
ポイント発行申請 〜2021年10月31日
ポイント交換申請 〜2022年1月15日
完了報告(戸建住宅) 〜2022年4月30日
完了報告(マンション等で耐震改修を実施するもの) 階数により期日が異なる

(2021年5月10日時点)

なお、ポイント発行申請期限は遅くとも2021年10月31日までとなっていますが、予算の執行状況に応じて前倒しで締め切られる可能性があります。よって、ポイント発行申請は工事請負契約が締結を行ったならば、速やかに行なうのがよいでしょう。

ポイントに関する各種サイト

グリーン住宅ポイントについて、詳しいことは、下記のサイトをご覧ください。

まとめ

いかがでしたか?本記事では、以下のようなポイントをお伝えしてきました。

本記事のポイント

  1. グリーン住宅ポイント制度とは?
  2. グリーン住宅ポイントはどうすればもらえるの?
  3. グリーン住宅ポイントの利用方法は?
  4. グリーン住宅ポイントはどうやって申請するの?
  5. ポイントに関する各種サイト

感染症対策などによる「テレワーク」の推進により、ご自宅でのワークスペースとして「書斎」や「DEN」などを求める方が増えました。今回の「グリーン住宅ポイント」制度を活用することによって、それらのリフォームなどにもとても手が出しやすくなっていますので、住宅の購入・リフォームをご検討の方はお役立ていただければと思います。

本メディアでは、今後もこのような不動産にまつわる情報をお届けしていきたいと思います。